ホーム > 現金化 > どこでもいいからとクレジットカードの現金化をするのは危険

どこでもいいからとクレジットカードの現金化をするのは危険

素早く行動できるのがクレジットカードの現金化です。 

いろいろな情報も飛び交っていたりしますが、重要なことは、どうやって現金化をするかということになります。

どんな相手にするのか、相手の会社を選ぶにしても、どんな方法で現金化するのかを知らなければ失敗する恐れも出るでしょう。

大きな失敗となってしまうこともありますので、よく考えて選ぶことが大切です。

 

インターネットを使って探すと、驚くほどあるでしょう。

それだけ数があると、なんでも同じですが、安全ではないというところが出てくるのです。

よさそうな話が見え隠れしますが、そんなことをうのみにしては、とても持ちません。

 

よくあるケースは、高還元率をでかでかと表示しているところでしょう。

97%の還元率などと提示しているのは、かなりの確率で問題があるのです。

利用者側には、こんなにいいことはないと思うかもしれませんが、何せ良すぎます。

こんな数値は、実現自体が不可能に近いことを知らなければいけません。

 

クレジットカードを使ってキャッシュバック付きの商品を購入すると、クレジットカード会社とやり取りをします。

カードリーダーを使用しますが、ここに手数料が発生するのです。

 

この手数料は、クレジットカード会社の種類や取引量で違います。

ですが、1%5%程度は取られるのですから、97%がいかに途方もないかわかるでしょう。

 

初めての顧客で、無理なレベルの高い還元率は、提示するわけがありません。

ここで危険な臭いがすると気が付けるだけの注力も必要なのです。

参考サイト:http://www.spd.link/


タグ :